Soratama | 宙玉

Aerial ball shooting technique : 宙に浮かぶ玉の中の光景を撮影できる宙玉(そらたま)。撮影のためにはどんな機材が必要になるのか? 撮影のコツや作例などを紹介。

*


「宙玉」は2009年に私が考案した撮影システムです。透明球をレンズ前に取り付けることにより、宙に浮かぶ玉に映る光景を撮影することができます。元々いろんなレンズを使った撮影方法の実験をしていましたが、透明な玉をレンズ代わりに使っている時にこの方法を思いつきました。
 透明な玉を使って撮影すること自体は私のオリジナルの方法ではなく、世界中で多くの人達が楽しんでいます。ただし、玉を何かの上に載せて撮影するとか、指でつまんで撮影するといった方法なので、台や指先が写ってしまうという問題があります。そこでそれらが写らず、宙に浮かんでいるように撮影できないかと考えついたのが、この宙玉だったというわけです。
 「宙玉」は「ソラダマ」でも「チュウダマ」でもなく、「ソラタマ」と濁らずお読みください。

最初に透明な玉で撮影を始めた頃は、玉の周囲は透明ではなかった。

最初に透明な玉で撮影を始めた頃は、玉の周囲は透明ではなかった。

 最初に考えたのは透明の塩ビを使って工作する方法。薄い塩ビにカッターで穴を空けたものを2枚作り、透明球を挟んでみました。クオリティーはいまいちでしたが可能性を感じたので、次に知り合いのガラスアーティストに頼んで、ガラス製の宙玉を製作しました。
 これはけっこううまくできたので、作り方を公開し始めたのですが、かなりお金がかかってしまいます。そこで思いついたのが、宙玉部分をアクリル製にし、チップスター(ジャガイモのお菓子)の空き箱を使って工作する方法。
 あまり格好がいいとは言えませんが、安価で簡単に撮影出来る方法として、このチップスターの箱を使った工作法が少しずつ広まっていったのです。

2枚の透明塩ビシートを使い、透明球を挟んで固定したのが、宙玉の始まり。

2枚の透明塩ビシートを使い、透明球を挟んで固定したのが、宙玉の始まり。