宙玉 soratama

*


>詳しくはこちら


 

宙玉とは?

「宙玉」(そらたま)は2009年に上原ゼンジが考案した撮影システムです。透明球をレンズ前に取り付けることにより、宙に浮かぶ玉に映る光景を撮影することができます。

宙玉は自分で工作する方法と製品版を購入する方法があります。カメラ用の製品版の基本は「soratama 72」ですが、そのほかにスマートフォン用、iPhone用、水中用などの各製品があります。

こんな写真が撮れる

sobo_042

soratama 72

 

使えるカメラは?

宙玉が使える条件は二つです。
「レンズにフィルター取り付け用のネジがある」ことと「接写ができること」です。

交換レンズにはフィルター取り付け用のネジがありますので、そこに取り付けて使用します。「soratama 72」のフィルター経は72mmなので、ステップアップリングやステップダウンリングをを使うことにより、それぞれのレンズに取り付け可能です。

レンズ近くの透明球にピントを合わせるので、接写ができる必要があります。これはレンズとカメラボディの間に接写リングを入れるで可能になります。

宙玉の取り付け方法

 

「soratama 72」を使う場合に向いているのは焦点距離が35mm(35mm判換算)程度のレンズです。焦点距離が長い(望遠系のレンズ)と、玉を適切なサイズに写すためには玉をレンズから離さなければなりません(筒が長くなってしまう)。また、背景に写る景色の範囲が狭くなってしまうためです。

詳しい情報

詳しい情報は以下のリンクからご覧ください。
各カメラへの取り付け例もありますので、参考にしてください。

もし分からないことがある場合は、お問い合わせフォームよりお尋ねください。

→ 宙玉製品一覧
→ ステップアップとステップダウンリング
→ 接写リングとは?
→ どんなレンズが向いているのか?
→ 機種別セッティング例
→ お問い合わせフォーム

保存保存

保存保存保存保存